<ママ特派員・サポーターから>

コロナ禍で、生活も運動もこれまでのようにいかない生活が続いていますが、子どもたちのスポーツも再開し、少しずつですが活気が戻ってきたように感じています。

スポーツに時間を費やしてきた子どもたちにとっては、時間の流れを持て余すような様子もありました。そこで、時間の経過を楽しめるようなことを一緒にやってみようと思い、琥珀糖を作ってみることにしました。

時間が経つにつれ、糖分が表面に結晶化していくため、琥珀糖の様子は毎日変わります。食感も毎日変化します。流れていく時間が大切な材料になる食べ物です。

琥珀糖は常温保存が可能です。独特の食感が楽しく、キラキラとした見た目は小さな容器に入れておくと目でも楽しむことができます。1粒でリフレッシュメント効果や糖分補給にも適していると思います。

乾燥させたものは袋や容器に入れて保存します

今回はシンプルなプレーンの琥珀糖を紹介します。夏向きにクエン酸を少し加えたり、梅ジュースなどで風味を足したりとアレンジも可能です。流れていく時間は目に見えず、時にいら立ちや焦りを感じさせてしまうこともあるでしょう。けれど、時間の経過でじっくり作りだせるものもあります。琥珀糖にそんなことを教えてもらった短い夏休みでした。

次のページレシピはコチラ