<ママ特派員・サポーターから>

最近、生おからと一緒に、おからパウダーが並んでいるのをよく見かけるようになりました。

おからはタンパク質が多く、糖質が少ないため、アスリートの味方となる食材です。小麦粉の代用品としてのレシピをよく見かけますが、生おからはもちろん、おからパウダーも使ってみると「ん?豆腐?」という風味になります。

そこで、生おからを炒って使ってみたところ、香ばしい香りがして豆腐っぽさが半減し、さまざまな料理に使いやすくなりました。

炒りおからを使ったレシピを3品紹介します。

基本の「炒りおから」

炒りおからは冷凍保存できます。水分が少ないためカチカチに凍らず、サラサラのままで使いやすいです

材料
生おから…1袋(300g)

作り方
❶強火でフライパンを熱し、フライパンがあたたまったら弱火にしておからを入れる。

❷パラパラになるまで炒る。

300gあった生おからが、約90gになりました

次のページ炒りおからのアレンジレシピ