新しくママ特派員に加わった高槻吉美さん(大阪市)からのレポートです。

 骨は成長期に長く太くなり、骨量が増えます。骨量を増やすのは20代までといわれており、将来ケガをしにくい身体作りのためにも、この時期にしっかりとカルシウムやタンパク質(コラーゲン)を摂って強い骨を作ることを意識しています。

 カルシウムは骨の密度を、コラーゲンは骨の強度を高めるのに重要です。不足しないように、私は次のような工夫をして、常に毎日の食事に取り入れるよう心がけています。

①カルシウムが豊富なシラス干しやヒジキを常備する。
②コラーゲン豊富な牛筋を大量に炊いて、小分けにして冷凍しておく。
③手羽先などコラーゲン豊富な食材を取り入れる。

 中でもシラス干しは、カルシウムだけでなく骨の合成に欠かせない亜鉛も豊富で、ご飯の供はもちろん、パスタやオムレツ、サラダや青菜炒めのトッピング等、ジャンルを問わず使いやすいのでとても重宝しています。

目玉焼きのせご飯にシラス干しやゴマをトッピングしてカルシウム補給

高槻吉美(大阪市在住)

料理家、フードコンサルタント。アスリートフードマイスター1級、フードアナリストの資格をもつ。
老舗割烹で和食修行、ル・コルドン・ブルーのフランス料理ディプロム取得。
野球を頑張る小学6年生男子の母。

■関連記事