「一生懸命食べているけれど太れません」。そのような選手に話を聞くと、食べられる量を適度に食べているとやせていくと言います。つまり、運動量(消費エネルギー)が多いため、食べる量を意識して増やしていかないと、摂取エネルギーが消費エネルギーに追い付かない状態になっています。

そのような時に、優先して摂るべきはエネルギーです。炭水化物、脂質から十分なエネルギーをとり、その次に、体作りに必要なタンパク質をとります。

当然、ビタミンやミネラルも摂りたいですが、それらを補給する食品はエネルギーが低く、かさがあるため、食べられる量に限界があります。加熱してかさを減らしたり、主食や主菜と組み合わせたりすると良いですね。

また、オフの日など練習がない時こそ、欠食したり、食事量を減らしたりせずに、しっかり食事をとることが大切です。

タケノコと油揚げの炊き込みご飯

今回は「タケノコと油揚げの炊き込みご飯」を紹介します。旬のタケノコを使ってもいいですが、今回は水煮を使うのであく抜きといった下処理不要で、手間いらず。油揚げを加えることで、エネルギーもおいしさもアップしています。

管理栄養士・田澤梓