試合前に緊張して食事がのどを通らなくなったり、腹痛を起こしたりする選手がいます。今までの成果が出せるかどうか考えると、緊張するのは当たり前ですし、逆にしなさすぎるのもパフォーマンスが発揮できない場合があります。

選手を見守る家族には、緊張を楽しめるくらいの余裕があるといいですね。そのためには、食卓でのコミュニケーションや雰囲気づくり、いつもと変わらない環境を整えることが大切です。

低脂肪低食物繊維、食べ慣れたもの

試合前日や当日は、選手は緊張しているため、消化吸収能力が落ちます。低脂肪、低食物繊維のものを選び、生ものは避けるようにしましょう。選手の好みのものや、食べ慣れたものを用意するのがよいでしょう。

心を落ち着かせる効果があるカモミール、消化促進の効果があるレモングラスなどのハーブティーも活用できます。

心がホッとするおやつ「お麩のラスク」は試合前にもおすすめ

今回は、心がホッとするおやつとして「お麩のラスク」を紹介します。やさしい味わいです。

管理栄養士・田澤梓