自宅の冷蔵庫に、ホウレン草があったら何を作りますか? 先日のセミナーでそんな質問をし、5つくらい箇条書きにしてもらいました。

普段料理をしていない選手だと、あまり思い浮かばないのが現状ですが、料理をしている方からは色々な料理名が挙がってきます。おひたし、スープ、パスタ、ドリア…。しかし、作り方や食材の使い方など、他の方と話してもらうと、驚くほど違うことが多々あります。

食材、調味料、調理法をアレンジ

他の方の普段の食事を知ること、聞くことで、自分の料理の幅が広がります。料理の幅を広げることは難しいことではなく、組み合わせる食材、調味料や調理法を少し変えるだけ。新しい料理に挑戦するのもいいですが、定番の料理をアレンジすることでもできるのです。

例えば、おひたしにクルミなどのナッツ類を加えたり、調味料にゴマ油やスパイスを使ってみたり。スポーツで必要な応用力は、家事や料理をすることでも身に付きます。

ズッキーニをパンに応用した「アスリート向けズッキーニブレッド」

今回はズッキーニをパンに応用した「アスリート向けズッキーニブレッド」を紹介します。朝食や補食としても活用できます。お試し下さい。

管理栄養士・田澤梓