ラグビーやアメリカンフットボール、野球など体格が大きい(筋肉量が多い)アスリートの食事と聞くと、山盛りご飯に肉料理を思い浮かべるのではないでしょうか。もちろん、エネルギー消費量が高く、筋肉量が多い方が有利な競技の選手は、炭水化物やタンパク質をしっかりとるために、ご飯も肉もしっかり食べることは大切です。

 しかし、アスリートだからこそ、日常的に豊富なビタミンやミネラルを含むバランスの良い食事を食べることが、体づくりにも疲労回復にも必要になってきます。

 バランスの良い食事の基本は、1回の食事で「主食+主菜+副菜+果物+乳製品」を整えることですが、平成27年国民健康・栄養調査の結果(厚生労働省)では、主食・主菜・副菜のうち、組み合わせて食べられないものは「副菜」と答えた割合が最も高く、男性の76.7%、女性が74.0%でした。

 食事に組み合わせるのが難しい副菜のレパートリーを増やすことが、バランスの良い食事作りのポイントになりそうですね。

ニンジンの明太ツナしりしり

 今回紹介する「ニンジンの明太ツナしりしり」は常備菜としてもおすすめの副菜です。

 ニンジンは、体内で抗酸化ビタミンの1種であるビタミンAに変わるβカロテンを多く含み、1人分で中学生男子のビタミンAの推奨量の半分を摂取することができます。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、ノンオイルではなく油漬けのツナ缶を使うことで吸収率を高めます。

ニンジンの明太ツナしりしりを混ぜご飯にしたおにぎり

 さらに明太子には抗酸化力の強いビタミンEや、ミネラルが多く含まれます。しっかりとした味付けなので多めに作って冷蔵庫に保存しましょう。ご飯のお供にもなりますし、混ぜご飯にしておにぎりにするのもおすすめです。