2016年も、残りわずかとなりました。

 この季節は、毎週のようにいろいろな場所でマラソン大会や駅伝大会が開催されています。私も9月から各地のマラソン大会にゲストランナーとして、参加者と一緒に楽しく走らせていただきました。

 特に寒いこの時期は、体を冷やさないためにも温かい汁物がお勧めです。今回は私の地元、宮城県の郷土料理である「はっと汁」を紹介いたします。

宮城県の郷土料理「はっと汁」

 はっと汁は、小麦粉を練って薄く伸ばした生地(はっと)を汁の中に入れたもの。かつお出汁と野菜の旨み、そして、はっとのもちもちとした食感を味わうことができます。

 試合前後に手軽に食べられ、一杯で栄養素を効率よく摂取することができます。

 はっとにはエネルギー源となる糖質、鶏肉や油揚げには、体を作る材料となるタンパク質、野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。野菜のビタミンは加熱すると失われやすいのですが、汁物にすると野菜のビタミンが汁に溶け込むので、ビタミンもしっかり補給できます。

 出汁も手軽に使用できる化学調味料よりは、かつお節で出汁を取った方がコクや旨みがしっかり出ます。無添加で体に優しく、高タンパク低カロリー。天然素材の味に慣れることで美味しさを実感でき、薄味にも慣れるでしょう。

 試合前は、緊張によるストレスから食欲がわかないこともあります。ストレスにはビタミンCが効果的ですので、積極的に摂るようにして下さい。

 一度に食事がとれない時は、何回かに分けて食事を補うようにして、オレンジやみかんなどの果物を加えましょう。