知ってましたか? キノコや海藻は「ノンカロリー食材」なんです。コンディションに関係するビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も多いため便秘で悩む女子選手や、体脂肪を落としたい選手は、よく取り入れています。

 キノコやワカメには、たくさん種類や特徴があります。例えば、キノコでは、疲労回復にはエノキ、免疫力アップには、マイタケやシメジが効果的です。カルシウムの多いものは、シイタケと一緒に食べると吸収がアップします。また、キノコのうまみは、昆布と合わせると数十倍も強くなるので、おいしく食べたい時は、「キノコ×昆布」の組み合わせがお薦めです。

 海藻は、ヒジキは鉄を多く含み、ワカメはカルシウムが豊富です。もずく酢として疲労回復に取り入れている選手も多いもずくは、血糖値やコレステロールを抑制したり、胃腸の働きを助ける効果があります。“海の緑黄色野菜”と呼ばれるのりは、こまめにとれば手軽なミネラル補給となります。キノコと海藻は、それぞれの特徴を生かしながら、便通や体脂肪を改善し、良いコンディションをキープするために活用するとよい食材です。

ヒジキふりかけ

 今回紹介するのは「ヒジキふりかけ」。ヒジキやシラス、ゴマで鉄やカルシウムなどのミネラルが手軽に補給できます。簡単に作れて保存も利き、食欲がなくなる真夏には、ごはんやサラダにかけるのもお薦めです。無理なく、ちょっとしたプラスαで栄養補給ができるので、トップアスリートもよく食べています。【管理栄養士・川端理香】

(日刊スポーツ紙面より)