2代目若大将が“パーフェクト・ボディー”を巧みに操縦する。巨人岡本和真内野手(24)が9日、侍ジャパン稲葉監督が視察する中、フリー打撃で柵越えも披露。パワーと操作性を兼ね備えた肉体に仕上げてきた。1軍宮崎キャンプの主将に指名され、若手主体のメンバーを引っ張りつつ、自身のレベルアップも着々と進行させている。一般男性の約2倍の筋肉量で覆われた肉体でシーズンを駆け抜ける。

キャッチボールで笑顔を見せる岡本和(撮影・狩俣裕三)

岡本和がユニホームがぴちぴちに張り付くほど強靱(きょうじん)な太ももで、軽やかにステップを踏んだ。ノックで定位置のホットコーナーを固め、軽快に打球を処理する。フリー打撃は強振よりミート重視も45スイングで5本の柵越え。3ケタには到達しているであろう体重についてはベールにつつんだが「太って大きくしたわけじゃない。食事を管理しながら、トレーニングをしている」。見るからに巨大化した肉体の完成度に手応えを示した。

原監督(右)と稲葉監督(中央)に見守られながらフリー打撃を行う岡本和(撮影・狩俣裕三)

オフ期間のトレーニングで鍛え上げ、除脂肪体重は90キロに到達した。「だいぶ、仕上がってきましたよ。もう少しで完璧な体ができあがります」。除脂肪体重の半分とされる筋肉量は45キロで、一般成人の約2倍の筋肉で全身を覆っている。幼少期から人よりも大きく「ずっとこの体形でやってきているので、それが普通。急にバーンって上がったわけじゃない」と巨体の操縦法に不安はない。

メディシンボールに乗り掛かり、気持ちよさそうな表情を見せる岡本和(撮影・狩俣裕三)

宮崎入り後に参拝した青島神社で絵馬に「GGをとる」と記した。ゴールデングラブ賞に照準を定め、シーズンの準備へと入った。キャンプ初日からユニホームを真っ黒に汚し打球に食らいついた。実戦の出場はないが、8日の紅白戦中は木の花ドームで徹底的に打ち込んだ。「きついときに、だらけないで踏ん張って形を崩さないことを意識している」と、フットワーク、ランニングもフルメニューを消化してきた。

韓国ドラマについて語る巨人岡本和(撮影・足立雅史)

巨人の王道を象徴するホットコーナーを固め、打順もど真ん中の4番に座る。東京オリンピック(五輪)に挑む侍ジャパンへの思いは「トップチームに選ばれたい気持ちはある。しっかりと目の前の試合を頑張って、選んでいただけたら光栄だなと思う」と話した。鍛錬の春。岡本和が「動ける巨体」を磨き上げる。【為田聡史】

(2021年2月9日、ニッカンスポーツ・コム掲載)