「日本柔道の花形」と形容される男子最重量級にフランス人の絶対王者が君臨している。100キロ超級でオリンピック(五輪)2連覇、世界選手権8連覇のテディ・リネール(30)だ。このほど、日刊スポーツの取材に応じ、国際大会152連勝中の「負けない柔道家」が、3連覇を狙う20年東京五輪への思いを語った。【取材・構成=峯岸佑樹】

東京五輪への思いを語るテディ・リネール(撮影・峯岸佑樹)

絶対王者に「柔よく剛を制す」という言葉は当てはまらない。203センチ、150キロの巨体ながら、俊敏さを兼ね備える。その肉体はまさに筋肉の塊だ。リネールは、3連覇を狙う東京五輪へ並々ならぬ決意を口にした。「柔道の故郷で必ずタイトルを取る。今からドキドキしている。残りの準備期間で100~150%の状態にして、目標を達成してみせる」。

国際合宿で乱取り稽古するテディ・リネール(右)(撮影・峯岸佑樹)

子供の頃は、陸上やサッカーなどに取り組み「戦うことが合っていた」と5歳で柔道を始めた。素行が悪く、親に「柔道をやるか」「少年院に入るか」と迫られたこともあった。14歳で強化指定選手となり、18歳で出場した07年世界選手権で井上康生らを破って初優勝。10年世界選手権無差別級決勝で上川大樹に判定負けして以降、国際大会152連勝中と圧倒的な強さを誇る。

「負けて生まれ変わった。追われる立場となってさらに強くなった」。長い手足をしなやかに動かし、右手で奥襟を取って相手の頭を下げさせる。太い腕で相手の動きを封じ、十分な体勢になるまで得意の内股や大外刈りを繰り出さない。慎重かつ繊細な性格で、ここぞのタイミングで豪快な一本勝ちを収める一方、指導3による勝利も多い。「つまらない柔道」とやゆされることもあるが、安定感抜群の負けない柔道で白星を重ねてきた。

次のページ勝ちにこだわる姿勢は食事管理にも