主役は俺だ! ワールドカップ(W杯)日本代表に選出されたフランカー姫野和樹(25=トヨタ自動車)が、このほど日刊スポーツのインタビューに応じ、初のW杯への思いを語った。

南アフリカを率いて07年W杯を制したジェイク・ホワイト氏、スーパーラグビー5度の優勝経験を持つロビー・ディーンズ氏、前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏ら、世界の名将が才能を絶賛する男の視線の先には何があるのか。リーチ・マイケル主将の存在、フィジカルへのこだわりなど、その思いに迫った。【取材・構成=奥山将志】

このムキムキの腕で日本代表をけん引する!ラグビー日本代表フランカー姫野和樹(撮影・狩俣裕三)

日本代表の中心に成長

相手を引きずるように前進する突破力と、ハードタックル。187センチ、108キロ。各世代の日本代表で活躍し、国内外の指導者から将来を嘱望されてきた才能は、ジョセフ体制で日本代表の中心に成長を遂げた。姫野が、桜のジャージーへの思いを強くしたのは、帝京大の寮で見た4年前のW杯。世界を驚かせたあの南アフリカ戦だった。

「日本人が強いんだと世界に証明してくれて、純粋に誇らしかった。当時はけがでラグビーができなかった時期。自分たちも絶対にやれると思わせてくれたし、4年後、日本大会は自分が出るんだと強く思った」

初キャップは17年11月の強豪オーストラリア戦。激しい肉弾戦が求められるFW第3列にあって、デビュー戦でトライを奪うと、日本人離れしたプレーですぐにジョセフHCの信頼を得た。こだわりは日本人が「課題」とされてきたフィジカル。W杯はそれを世界に証明する場でもある。

「根本的なところで『日本人だから』と考えないことが大事だと思っている。テストマッチやスーパーラグビーを経験し、フィジカル面でも十分に通用すると自信を持てた。『日本人は体が小さい。外国人は力が強い』ではメンタル的に負けている。次の世代の子どもたちに『日本人でもやれるんだ』というマインドを伝えることは、日本代表の仕事であり、僕の仕事だとも思っている」

次のページ大谷翔平から刺激を受けた姿勢とは