<アスリートの摂食障害:原裕美子(上)>

女子マラソンの元日本代表で、長年摂食障害に悩まされてきた原裕美子さん(37)が、2日に行われた日本摂食障害協会主催のシンポジウム「世界摂食障害アクションディ2019」に登壇し、自らの体験を元に「1人で悩まないで。信頼できる人を見つけて早期治療をして欲しい」と訴えた。

内科医の鈴木眞理氏と対談形式で心境を語る原さん(左)

執行猶予中に2度目の万引き

原さんは昨年2月、執行猶予期間中に万引きをしたとして逮捕・起訴され、12月3日に前橋地裁から懲役1年、保護観察付き執行猶予4年の判決を受けた。摂食障害からの窃盗症(クレプトマニア)によるものだった。

摂食障害は、食べ物を普通にとることができなくなる心の病気。大きくは、低体重にこだわる「拒食症(神経性やせ症)」と、異常な量の食物を食べては嘔吐や下剤を使用する「過食症(神経性過食症)」に分けられ、両方を繰り返す人も少なくない。一度なると完治するまで10年以上の長い月日がかかるといわれる。

18歳で発症、10年後に病気と知る

原さんは、京セラ時代の過度な食事制限から症状を発症していたが、それが摂食障害だと知ったのは、故小出義雄監督のユニバーサルACに移ってから。2010年、28歳のことだ。発病は18歳。10年もの間、1人で苦しんできた。

 それまでは病気という認識はなく、自分の意志が弱いので、(食を)コントロールできないと思っていた。走りではあれだけ我慢できるのに、食べることに関しては(我慢)できないのか、ダメな人間だなと。もっと完璧な人間になりたいと。何でだろ、何でだろと、ずっと悩んでいました。

身長163センチ。同じ身長の女性の標準体重は56キロだが、5000メートル、1万メートルのトラックを走る時は44~45キロに、マラソンではさらに1キロ減らしていた。41キロになった時は、足に筋肉はあったものの、腕は小枝のように細くなった。

2005年3月13日の名古屋国際女子マラソンで、初マラソンの原裕美子は2時間24分19秒でで優勝、ガッツポーズでゴールテープを切る

 中学の恩師から「食べてるのか、やせすぎだろ」と言われましたが、調子の良いときだったので疑問に思いませんでした。(当時の写真を)今見ると、「気持ち悪い」と思うぐらいやせていた。

次のページ疲労骨折8カ所、若くして骨粗しょう症に