お母さん、ありがとう-。普段なら照れくさい感謝の言葉も、この日なら言える。5月の第2日曜日は、母の日。野球選手たちの母への思いを紹介する。

阪神木浪聖也内野手

阪神木浪聖也内野手と母・忍さん(左)

お母さん、いつもありがとう。ゴールデンウイークは1週間、甲子園まで見に来てくれてありがとう。直接は会えなかったけど、すごく力をもらえました。青森から家族で応援に来てくれてうれしかったよ。青森は遠いから、テレビとか、インターネットでしか活躍する姿を見せることができないけど、またここから頑張るから見ててね。シーズンが終わったら、笑って実家に帰れるようにするね。シンプルな言葉だけど…。いつもありがとう。これからも応援よろしくお願いします。

広島野間峻祥外野手

14年、広島新入団選手発表会見後、家族と記念撮影をする野間。左から姉なつみさん、母しのぶさん、右は弟祥明さん

母は、姉と弟と僕のきょうだい3人を女手ひとつで育ててくれました。ゴルフ場のレストランで働いていて、いつも朝早くに家を出ていく。高校に進学するときも、行きたい高校でなく、特待生で迎えてくれる、お金のかからない学校を選びました。それでも野球はお金がかかりますからね。道具代だったり、遠征代だったり。必死に働いている姿を知っているから、いつもすまないと思っていました。そのころは僕が朝練で一番早く出かけていくので、疲れている母を起こさないよう音を立てないようにして家を出ていましたね。負担をかけたくないので、大学に行かずに就職しようと思いました。母だけじゃなくきょうだいにも助けられて、大学に行けたんです。そして、プロになれた。みんな、何をするにしても僕優先でやってくれたおかげです。感謝してもしきれないですよ。いつか母には、家をプレゼントしようと思っています。

ソフトバンク甲斐野央投手

東洋大時代の甲斐野と母映子さん

小さいときから父は野球の面で支えてくれて、母にはそれ以外の面で毎日サポートしてもらっていました。高校の時には、母は野球も分からないのに打席やピッチングのスコアをノートに取ってくれていた。試合のあとに見て、こんなことをしてくれていたんだと驚きましたし、うれしかったです。中学校までは実家にいましたが、末っ子ということもあってよく甘えましたね。保育士さんだったので、子育て上手な母親だったと思う。すごく素直な性格に育ててもらいました。

巨人山口俊投手

お母さんから学んだことは「素直でありなさい」ということです。大人になるためには素直に話を聞くことが大事だと言われていました。何歳になってもそれは大事なこと。野球に関しても同じです。先輩の話はもちろん、後輩の話もシャットアウトすることなく、素直に聞いて、その中で自分で解釈する。能力だけじゃなくて、そういう部分が大事だと思う。チームの後輩にも同じようなことを話します。聞き入れづらいことでも、いつか自分の中の引き出しとして役立つことがあるので。母の日には毎年何かプレゼントを送っていますよ。花とかよりも物をあげることが多いですかね。今年ももちろん送ります。

巨人大城卓三捕手

巨人大城が描いた母の似顔絵

おかあ、ありがとう。小、中学生のときに毎日、練習から帰ってくるとおいしいご飯を作ってくれた。ご飯を残したときはすごくしかられました。めちゃ量が多かったので当時はすごく嫌だったけど、今こうして丈夫な体でプレーできているのは、おかあのおかげだと思います。試合の日の弁当でポーク卵おにぎりが大好きでした。それを食べて頑張れました。高校から寮生活だったので両親のありがたさを身に染みて感じました。今となれば県外に出て良かったなと思います。これからは活躍して恩返ししていきたいです。東京ドームに招待できるように頑張ります。これからも応援、よろしくお願いします。

次のページ巨人ヤングマン、ヤクルト・スアレスら、海外「母の日」にはこんな習慣が-。