「我慢なし、ストレスなし、誰でもできる」をテーマに健康体をつくる食習慣を提案する会社「結わえる」の荻野芳隆社長(38)をインタビューした。同社は主力商品「寝かせ玄米」を通じ、摂取カロリーばかりを気にする誤った食の知識を改め、必要な栄養素を確実に取る正しい健康法を提案。今秋、大手百貨店高島屋でも販売するに至り、「寝かせ玄米」はブーム前夜といった様相だ。

結わえる本店で取材に応じる荻野芳隆社長(撮影・三須一紀)

必要な栄養素を確実に取る

「寝かせ玄米」を食べてみる。これが玄米? というほど、おいしい。荻野氏は、普通に炊いたら、いまいちだった玄米をおいしく食べられる方法を編み出した。大学卒業から1年後の05年、コンサルティング会社に勤めるかたわら、玄米の底力に注目した。

荻野氏 家にいろんな玄米、いろんな炊飯器を買って、さまざまな炊き方を試しました。24時間浸水させたり、あらゆる火加減を研究し、日本中の玄米を出すお店を渡り歩きました

その結果、たどり着いたのが、圧力鍋で炊く方法だった。圧力によって玄米の硬い皮を柔らかくし、炊いたものを炊飯器に移し、保温状態で3、4日寝かせる。すると、もちもちになり甘味うま味が増し、臭みのない、おいしい玄米が完成した。もちろん炊いた直後から食べ、日を追うごとに変わる味を楽しんでも良い。

結わえるの「寝かせ玄米定食」(撮影・三須一紀)

次のページ玄米の栄養価の高さに注目