<川内優輝の母美加さんに聞く(下)>

 世界陸上男子マラソン代表、川内優輝(30=埼玉県庁)の母美加さん(53)は中学・高校時代、陸上部で中距離の選手だった。しかし、思ったような成績は残せず、不完全燃焼のまま現役を終えていた。

「息子に夢託した」

 川内が埼玉・砂原小1年だった5月、たまたま申し込んだ茨城・土浦市の「ちびっ子健康マラソン大会」で、1500メートルを同学年5位で走った。「何もしないでこれだけ走れたんだから、練習すればもっと伸びるかもしれないと、あれで火が付いた。息子に夢を託した部分もある」。そこから毎日、母子の練習が始まった。

写真左=94年、校内マラソン大会で走る川内、右上=マラソン大会で力走する川内、右下=ちびっこ健康マラソンで走る川内(左から2人目)

 兄弟3人を近くの公園に連れて行き「毎日がタイムトライアル」。自己記録更新を意識させ、約450メートルを走らせた。1秒でも記録更新となればご褒美を出したが、タイムが悪ければ罰走を科した。弟たちが要領良く、1秒単位で自己新を刻もうとしようとする一方、川内は常に全力疾走。「ゴールに倒れ込んでいましたね」と当時から今につながる、死力を尽くす走りを見せていた。

今につながる全力疾走

 世界陸上の代表選考レース、昨年12月の福岡国際マラソンでは、ケガを抱えながらも執念の走りを見せて、日本人トップの3位でゴールした。「今回はダメだろう」と家族さえあきらめていた絶望的な状況からの起死回生の走り。想像を超える底力は、このタイムトライアルで培われたものかもしれない。

2016年12月、福岡国際マラソン兼世界選手権代表選考会で3位でゴールした川内優輝

 小学時代の特訓は、台風などの荒天を除いてほぼ毎日、卒業まで続いた。練習が終わった後はすぐに夕食。「好き嫌いがないようにと意識していましたが、特に食べなかった記憶はないし、食事で困ったこともありません」。川内は疲れていても、出されたものは残さず食べた。強靱(きょうじん)な胃腸も、このときから作られていた。

 川内が高校3年の冬、アマチュアボクサーとして国体出場経験を持つ父葦生(あしお)さん(享年59)が心筋梗塞で急死した。突然、一家の大黒柱を失い、川内家の生活は一変。物流会社に勤めた美加さんは多忙を極め、子どもたちで食事をまかなわなければならない時期もあった。

 川内は学習院大に進学し、学業、陸上の合間にアルバイトにも精を出した。「支えてもらいましたから」。長男の存在は、精神面でも大きな支えになったのだろう。美加さんはしみじみ振り返った。

福岡国際マラソンで3位に入り、瀬古利彦氏に祝福される川内優輝、中央は弟の鮮輝(よしき)さん

家族全員で支える

 弟鮮輝(よしき)さん(26)、鴻輝(こうき)さん(24)はともに市民ランナー。鮮輝さんは100キロマラソンなどの長距離レースで優勝経験もあり、週末、川内の強化トレーニングパートナーも務める。美加さんは52歳でフルマラソンに初挑戦し、これまで出場した3レースとも完走。「家族全員が現役ランナーだから、自然と会話は陸上のことになります」と今では、家族そろって川内をサポートしている。

世界陸上日本選手団壮行会で身ぶり手ぶりを交えながら質問に答える川内優輝

 今大会を「代表ラストレース」に位置づける川内の雄姿を見届けるため、家族全員がロンドン入りし、沿道で声援を送る。2月に葦生さんの十三回忌を終えた今年は、川内家の集大成の年。日本の男子マラソン界を引っ張ってきた男の区切りのレースを目に焼き付ける。

52歳で初マラソン

 「息子(川内)に勝手にエントリーされてしまって…」と美加さんは2016年のゴールドコーストマラソンでフルマラソンデビューした。この2年間で3レースに挑み、自己ベストは3時間45分01秒。今も、毎日1時間~1時間半のトレーニングを積んでいる。「自分が走るようになって、こんなに苦しいものなんだって、子どもの気持ちが分かるようになりました。これまでは『何で、あそこでこうしなかったの?』なんて言ってましたけど、もう言えません。だって逆に、自分が言われちゃいますからね」。

■関連コラム