アスレシピは10月20日と24日、「アスリートの食事・実践編」をオンラインでそれぞれ開催しました。ミーティングツールZoom(ズーム)を使用し、当サイトでコラムを執筆する管理栄養士の石村智子さんが講師を務めました。今回は「アスリートの基本の食事」を理解している方を対象とした3回シリーズの第2弾。「増量」をテーマに、スポーツに励むお子さんを持つ母親らが参加しました。

グループワークで考えられた献立の一例

正しい増量とは何かを学ぶため、除脂肪体重や体組成モニタリングの必要性などを講義。グループワークでは選手の競技や年齢などのシチュエーションを想定し、朝食の献立、夕食の献立、補食を参加者が話し合って作成しました。各グループが工夫やアイデアを詰め込んだメニューを発表し、石村先生が講評しました。補食におにぎりとコンビニのからあげと発表したチームには「脂質を抑えるためにサラダチキンに変えた方がいい」など、実践しやすいアドバイスを送っていました。

セミナーの最後は恒例のアスレシピポーズ

分かりやすい知識に画面の向こうの参加者も一生懸命にメモを取り、あっという間に講義は終了。質疑応答では「ノーカロリーの甘い炭酸飲料は飲んでもいいのでしょうか?」などたくさんの質問が寄せられ、セミナーは大盛況のうちに幕を閉じました。

参加者からは「うどんやもちなど他の炭水化物をプラスするアイデアはやってみたい」「参加者全員の顔が見えて、皆さん頑張っていらっしゃるのだなぁと、自分もやる気がアップしました」などの声が寄せられました。

アスレシピでは今後「アスリートの食事・実践編」のさらにステップアップ版である「実践編第3回」を2021年2月に、2日間の日程で開催する予定です。第1回と第2回と合わせて、全3回の受講者にはアスレシピから「修了証」を進呈いたします。

スポーツに励むお子さんの食事をより良くしたい方、スポーツ栄養について学びたい方、一緒に知識を深めていきましょう。