株式会社明治は、国内売り上げNo.1のプロテインブランド「ザバス」から、カラダ作りに有効なミルクプロテインを配合した「(ザバス)MILK PROTEIN STYLE BODYベリー風味/マンゴー風味」を2019年10月8日から全国発売する。

発売に先がけて行われた説明会では、現代の日本人女性が抱える栄養不足の現状について、予防医療・栄養コンサルタントの細川モモさんが講演。女性の社会進出を背景に、ダイエット意識や間違った食知識から陥りやすい健康面の問題点が明らかにされた。

タンパク質は欠食、とくに朝食を摂らないことで不足しやすくなる。タンパク源となる食品はすぐれたミネラルの供給源でもあるため、不足すると貧血や免疫力の低下、肌トラブルなどさまざまな問題に直結しかねない。さらに、欠食でエネルギーが不足すると、筋肉が分解されてエネルギー源として利用されるため、筋肉分解にも拍車がかかってしまう。

野球の侍ジャパンやメジャーリーガー大谷翔平選手らの栄養サポートを行う株式会社明治の管理栄養士・大前恵さんは、「理想のカラダ作りには栄養バランスの取れた食事が大切」と説明。カラダづくりに必要な5大栄養素をバランスよく摂るためには、主食、おかず、野菜、果物、乳製品をそろえる「栄養フルコース型」の食事をすすめ、筋肉の材料となるタンパク質の必要性や、運動後は炭水化物とタンパク質を同時に摂取すると効率がよいことなどを話した。

理想のカラダ作りのための食事について話す株式会社明治の管理栄養士、大前恵さん

「(ザバス)MILK PROTEIN STYLE BODY」は、ミルクプロテインを1本当たり12.5g配合。運動する女性に必要な3種のビタミンB群(B6、B12、葉酸)や鉄分も含まれた脂肪ゼロタイプで、運動後にも飲みやすいすっきり味に仕立てている。