アスレシピは11日、名古屋市でスポーツ栄養講座「アスリートの食事・基本編」を開催、スポーツを頑張る小学生から大学生の保護者ら32人が参加した。

アスリートの基本の食事を講義する中野ヤスコさん

講師は、管理栄養士の中野ヤスコさん。Jリーガーや藤枝東サッカー部などプロアマ問わず、多くのチームや選手の食事指導の実績を踏まえ、「魔法の食べ物はない。トップアスリートも特別食を食べているわけではない」とし、強い体を作るためには量とバランスが大切と説明した。

また、「体が変わるには時間がかかる。他人と比べず、過去の自分と比べて欲しい」とし、保護者から子どもへの声のかけ方、体重や食事記録をとることの大切さを具体例を挙げながら示した。お弁当で主食、主菜、副菜の割合についても「非常に分かりやすく、勉強になった」との声が多かった。

サーモス製品を手に取って確認する参加者たち

特別協賛のサーモス株式会社からは、お弁当箱や水筒などの商品が紹介されるとともに、真空断熱スープジャーを使ったおかゆ作りのデモンストレーション、試食が行われた。

講師の中野さん(前列左から5人目)を囲み、名古屋でのセミナー参加者でアスレシピポーズ

また、お楽しみ抽選会では、今セミナーでも使われた真空断熱スープジャー、真空断熱タンブラーが計6人にプレゼントされた。

この日の協賛品。左から「鮮度みそ だし香るとろけるみそあわせ」「高タンパクめん」「焼きビーフン」「豆乳飲料 ほうじ茶」

<特別協賛>サーモス株式会社
<協賛>マルサンアイ株式会社、ケンミン食品株式会社