高校から1人暮らしをするテニス選手も少なくありません。自分で3食と補食を作るのは大変ですよね。

 練習があると、作る時間がないため、外食が増えます。しかし金銭的な面から、手軽にお腹を膨らますことができるファストフードやお菓子を食べてしまう選手もいます。

 また、24時間営業のコンビニも利用頻度が高くなります。組み合わせやカロリー表示をうまく活用すると、コンビニ飯でもバランスよく食べられますが、ファストフードやコンビニばかりでは栄養素が不足し、特にビタミン、ミネラルを摂るのが難しくなります。

1日に必要な食事、食品構成を参考

 では、何を食べればいいのでしょうか? そんなときは食品構成を参考にし、1日に必要な食材を食事に入れるといいでしょう。

 まずは成長期に必要なカルシウムが豊富な牛乳、ヨーグルトやバランスの良い準完全食品である卵を取り入れます。次は強靱(きょうじん)な筋肉をつくる肉、魚、大豆製品が必要です。

 カラダの調整をする野菜では、ウイルス対策をしてくれる緑黄色野菜のトマト、カボチャ、ピーマン、淡色野菜のキュウリ、キャベツ、タマネギ。そのほか食物繊維が豊富なキノコ類、ヒジキ、ワカメなどの海藻や比較的熱に強いビタミンCを含むイモ類、果物であれば、ビタミンCの含有量が多いミカン類類などを摂りたいところ。さらに、糖質含量が多いご飯、またはパンをとって、必要な栄養素が整います。

トントンチーズ焼き

 今回紹介する「トントンチーズ焼き」は、夏が旬の緑黄色野菜のピーマン、カボチャ、淡色野菜のタマネギ、キャベツを使った1品で、主菜、副菜、乳製品がそろう優れものです。材料を切ってホイルに包んでオーブンに入れるだけの簡単メニューです。