夏本番。夏合宿が間近なアスリートも多くいるのではないでしょうか?

 合宿といえば、1日を通して辛く、キツい練習やトレーニングが待っています。もちろん、それは秋から始まる試合期に備えるため。そうなると、練習やトレーニングだけでなく、使って疲労した筋肉などを修復するため、また速やかな回復を促すために食事は重要なカギになってきます。水分補給も大切です。

秋の試合期に向けて万全に

 これらが全てうまく進めば、秋に向かってコンディションを整えられますが、1つ間違えば体重のコントロールがうまくいかず、疲労も蓄積して、シーズンインの秋頃にはコンディションが最悪の状態になっている恐れもあります。

 確かに、暑い時期はアスリートのみならず、誰しもの食欲が低下しがちです。だからこそ、ここでしっかりと食べられる胃腸に整えることが大切です。

 ポイントとしては、

①温冷
②軟硬
③辛・酸・甘などの組み合わせ
④こってり・さっぱり
⑤3食&間食

 以上のことを、食事内容に取り入れるとメリハリが出て、食欲がアップします。旬のものを積極的に取り入れたり、香味野菜を利用することも大切ですね。

白玉ぜんざい

 今回紹介するのはデザートの「白玉ぜんざい」です。なかなか食欲がわかない時は、デザートを有効活用することをおすすめします。白玉粉やあずきでエネルギー源を確保。汗で失いがちなミネラルも摂取できます。このレシピは温かいものですが、冷やしてもおいしく食べられます。