柔道男子60キロ級で五輪3大会連続金メダルの野村忠宏氏(45)が6日、YouTubeチャンネル「野村道場」に出演し、幼少期の頃の「弱い自分」について語った。

オンライン上でトークライブを行う(左から)野村忠宏氏、篠原信一氏、井上康生監督(YouTube「野村道場」より)

00年シドニーオリンピック(五輪)同100キロ級金メダルで男子日本代表監督の井上康生氏(41)と、同五輪男子100キロ超級銀メダルの篠原信一氏(47)とともにトークライブを開催。柔道一家で育った野村氏は、幼少期について「小さいのがコンプレックスだった。中1で体重32キロ、高校入学時で45キロ。小さくて試合に勝てず、女子にも勝てなかった」と振り返った。

幼少期の野村忠宏氏(YouTube「野村道場」より)

勝てない時期が続き、周りの目を気にしながらも「柔道が好き」という気持ちは変わらなかった。「柔道をしたいと決めたのは自分。ここまで本気になれるのは柔道しかない。背負い投げが好きで、体がもっと大きくなったら『いつか投げてやる』と未来の自分に期待した」と、最後は自身の可能性を信じたという。

中学1年の頃の野村忠宏氏(右)(YouTube「野村道場」より)

それを聞いた天理大の先輩でもある篠原氏は「もっと牛乳を飲まないと!! まずは、俺の書いた『折れない心』を読みなさい」と、野村氏の著書を紹介するなどボケを連発していた。

(2020年5月6日、ニッカンスポーツ・コム掲載)