00年シドニー五輪柔道男子100キロ級金メダルで、男子日本代表監督の井上康生監督(41)が6日、「男泣き」について持論を語った。

男子60キロ級で五輪3大会連続金メダルの野村忠宏氏(45)のYouTubeチャンネル「野村道場」に出演。自称泣き虫の小4男子から、自身のインスタグラムに届いた「泣き虫でも強くなれますか?」という質問に回答した。井上氏は「僕は泣き虫先生の代表格です。最近も涙して、恥をさらしてしまいました」と反省の弁を述べた上で、「涙はすごく大事なものです。それだけ真剣にやってるから、一生懸命やってるからこそ涙が出るんです。ただ、泣けば良いということでもなく、それを次の力にどう生かすかが大事だと考えています。涙を力に変えましょう」と力説した。

シドニー五輪に出場した井上康生氏(後列左から2番目)、篠原信一氏(同右)、野村忠宏氏(前列右)(YouTube「野村道場」より)

ともに、トークライブに参加した同五輪男子100キロ超級銀メダルの篠原信一氏(47)は「真剣にやればやるほど涙が出る。そんな泣き虫は良いんだ。試合に勝った時よりも、負けて学ぶことの方が多い」と理解を求めた。

オンライン上でトークライブを行う(左から)野村忠宏氏、篠原信一氏、井上康生監督(YouTube「野村道場」より)

井上氏は今年2月末、全日本柔道連盟(全柔連)強化委員会後の監督会見で男泣きした。男子7階級のうち6階級の東京五輪代表が決まり、「今はぎりぎりで落ちた選手の顔しか浮かばない」として、2、3番手の選手の名前を1人1人挙げて涙する姿を多くのメディアに報じられていた。

(2020年5月6日、ニッカンスポーツ・コム掲載)