プロ野球DeNAは16日、球団公式HPで選手がエールを送る手記企画「STAYPOSITIVE-今こそ前を向いて-」(https://www.baystars.co.jp/column/stay-positive/)を期間限定で順次公開することを発表した。同日午前11時から公開を開始した。

DeNAが子どもたちに贈る企画「STAYPOSITIVE-今こそ前を向いて-」(球団提供)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、休校措置や緊急事態宣言が発令され、子どもたちの生活環境が大きく変化。不要不急の外出を控え、遊ぶ機会も制限され、不安な気持ちを抱えている子どもたちに、選手たちが自身の体験を踏まえてエールを送る。

選手がこれまで困難を乗り越えた経験や、今だから伝えたいことなどをテーマに「手記」という形で紹介。子どもだけでなく、不安な気持ちを抱える全ての人々に、厳しい状況下でも、前を向いて欲しいという気持ちが込められている。

第1回は戸柱恭孝捕手(30)。結果が出なくて落ち込んだ時のことや父親として今、子どもとの接し方で心掛けていることについて、メッセージを届けた。

練習試合で石田健大投手(左)と話しながら引き揚げる戸柱捕手(2020年3月22日撮影)

(2020年4月16日、ニッカンスポーツ・コム掲載)