陸上のトップ選手が、ツイッターに【いまスポーツにできることリレー】と記し、トレーニング方法など家で、できる事を紹介する動画を投稿し、話題を集めている。合わせて60万回以上も再生されている。

開始したのは16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの飯塚翔太(28=ミズノ)と女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香(30=パソナグループ)。動画の最後には、次に投稿する人を指名するというリレー形式になっている。

飯塚翔太(2017年8月7日)

飯塚は7日に足が速くなる足の親指のストレッチなどを紹介した。飯塚は「日々、皆さんにご声援を頂く側の僕たちアスリートが皆さんの背中を少しでも押せるような活動をしたいとの思いで投稿させていただきました。1人でも多くの方々の励みとなっていただければ。このバトンがたくさんのアスリートにつながりと絆を生み、良い方向へ向かえばうれしい」と話す。

飯塚から指名された山県亮太は、簡単にできる、鶏肉のササミを使った高タンパクな茶わん蒸しの作り方を公開。さらに多田修平、白石黄良々、桐生祥秀とバトンは受け継がれている。

次のページママハードラーは小型トランポリンを活用