#休校になった君たちへ-。新型コロナウイルスの感染拡大により、中止や延期が相次ぐスポーツ界から、今だからできる「#コソ練」のメニューがたくさん届きました。外で思い切りスポーツができないどころか、自宅でのテレビ観戦も限られています。そんな今だからこそ、親子で取り組める練習もあるはず! 各競技のアスリートがこっそり教える練習法に、こっそりチャレンジし、実際にプレーできる日が来たら、友達の前でコソ練の成果を見せましょう!

あえてサッカーから離れて読書も

川崎F家長昭博

<家長昭博 33=川崎フロンターレ>
あえてサッカーから離れるのがいいと思います。僕は子どものころ、歴史とかの本を読んでいました。織田信長とか、登場人物を知っている伝記ものはいいと思います。普段ゆっくりと本を読む時間はないと思いますし、サッカーとは違うことからもいい刺激を得られると思います。

テレビやゲーム、YouTubeばかりの生活しないで

鹿島曽ケ端準

<曽ケ端準 40=鹿島アントラーズ>
何でもいいから、ボールを触ればいいんじゃないかな。リフティングでも壁当てでも。ボールに触らないとサッカーは上達しない。今は週に3回や4回のスクールが多いけど、僕らが子どものころは、毎日少年団に通っていたよ。みんなで外で遊ぶのは難しいかもしれないけど、それ以外の時間で頭を使って、勉強もそうだし、何ができるか考えるのが大事だと思う。テレビやゲーム、YouTubeを見るだけの生活はしてほしくないな。

階段ダッシュで基礎体力つけよう

東京橋本拳人

<橋本拳人 26=FC東京>
僕が小学生のころは10階建てのマンションに住んでいたので、階段ダッシュを繰り返しやっていました。1段飛ばしでのぼったり、あえて飛ばさず、細かくのぼったりするだけでも、いろんな筋肉に刺激が入ります。足腰の土台作りに役立つと思いますし、体がなまらないようにするためにも、いいトレーニングだと思います。タイムを設定したりして、基礎体力維持、向上を目指して工夫してみるのもいいと思います。

次のページ心の「コソ練」でもライバルに差