<高橋大輔の再出発(1)>

フィギュアスケート高橋大輔(33)の新しい挑戦が始まりました。10年バンクーバーオリンピック(五輪)では、アジアの男子シングル選手として初の銅メダル獲得。五輪3大会に出場した元世界王者は19年12月、全日本選手権でシングルとしての最後の演技を終えました。今年からは18年平昌五輪代表の村元哉中(かな、26)と組み、アイスダンスへ転向します。

3回シリーズで「高橋大輔の再出発」をお届けします。

一緒にここまで来られてよかった

目に入ったのは、総立ちの観衆だった。高橋は口でしていた呼吸を整え、その光景を目に焼き付けた。

「ボロボロでした。最後にふがいない演技をして申し訳ない。拍手を見て『シングルは引退なんだな』っていう、実感が湧きました。このスポーツ、シングルに出会えて、幸せ者だと思いました」

フィギュアスケート全日本選手権 男子フリーで演技する高橋(2019年12月22日撮影)

19年12月22日、全日本選手権男子フリー。シングル最後の演技、その舞台は14年前、初優勝を果たした東京・国立代々木競技場だった。

20日のショートプログラム(SP)は14位。フリーも3回転フリップの転倒など全盛期の完成度に遠く及ばず、総合12位となった。それでも4分間の滑りで力を出し尽くすと、手拍子をし、声を合わせて叫ぶファンの声が聞こえてきた。

「大ちゃん! 大ちゃん!」

リンクサイドに見えた顔は、20年前から変わらなかった。右隣に座って得点発表を待つコーチの長光歌子へ、内緒で用意していた花束を差し出した。

「長い間、ありがとうございました」

普段は照れて伝えることができない、精いっぱいの感謝の思いだった。花束を受け取った長光は何度も頭を下げ、高橋と過ごした時間を思い返していた。

フィギュアスケート全日本選手権 最終日・男子フリー 男子フリーの演技を終えキスアンドクライで舌を出し笑顔で自身の演技を見直す高橋大輔(右)。左は長光歌子コーチ(2019年12月22日撮影)

「最後までずっと私の横にいてくれた感謝と『最後、もうちょっと(いい演技が)できただろう』っていう残念さと…。花束は本当にビックリしました。でも、すごくうれしかった。『別のコーチについたら、もっと良くなっていたのかな』と考えたこともありました。でも、いいところも、悪いところも、一緒にここまで来られたことが良かったです」

次のページ13歳の高橋との出会い