ビタミンDを一層意識する季節になりました。アスリートは、良いコンディションをキープするだけでなく、カルシウムの吸収を高めるためにも必要なビタミンDを年中意識してとりたいものですが、体調を崩しやすいこの時期は、さらに意識したいものです。

ビタミンDたっぷりで補食にも使える「サケとシラスのショウガピラフ」

今回紹介する「サケとシラスのショウガピラフ」では、サケやシラスなどにビタミンDが多く含まれます。油を使うと吸収率が上がるため、いつもよりも多めにバターを使用しています。

逆に、塩を使っていないのは、塩気のある高菜とシラスがあるためで、これらからカロチンやカルシウムをとることができます。ただし、ビタミンCが少ないため、あさつきの量を増やしたり、普段食べているサラダやフルーツの量を多くすると、より良いでしょう。

炊飯器で作るピラフにしているので、このまま保温できますし、選手の補食としても最適です。保温する場合は、あさつきやシラスは食べる直前にのせるようにするといいでしょう。ぜひお試しください。

管理栄養士・川端理香