間食(補食)=おやつ、つまりお菓子だと思ってはいませんか? 選手にとっての間食は、お菓子ではありません。

 また、間食は必要ないのでは…と思われがちですが、選手にとっては必要で、これを取ることで効率よくエネルギーを身体にため込めたり、身体が作られたりするのです。もちろん、必要な栄養素を取れることが大事です。

 お菓子がダメなことはお分かりのように、砂糖や脂質がたっぷりで、エネルギーは取れてもそれ以外の栄養素が取れないようではNG。

栄養素、タイミングが重要

 間食を取るタイミングも大切で、食事に差し支えるような量、食べる時間は考えたいものです。朝昼夕の3食を中心にして、どのタイミングで取るのが良いのかを考えるようにしましょう。

フルーツパンケーキ

 今回紹介するレシピは「フルーツパンケーキ」。バターではなく、体脂肪になりにくと話題になったココナッツオイルを使用しています。

 ココナッツオイルが体脂肪になりにくい理由は、中鎖脂肪酸だから。脂質の中の脂肪酸は、長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分かれますが、中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすいために、体脂肪になりにくいといわれています。とはいっても、あくまでもなりにくいということであって、取りすぎれば体脂肪になります。だから取りすぎず、エネルギーとして使うことが前提です。

 また、成長期の選手や、身体を強化したい選手のために、卵や豆乳を多めに使用しています。使用する砂糖は少なめですが、ココナッツオイルの香りとフルーツで、十分甘さが感じられる間食です。