【質問】プウマー、51歳女性・福島県

高2の娘がチアダンスで全国大会へ行くレベルの練習をしています(157センチ、58キロ)が、股関節が硬くて柔軟に苦労しており、太りやすい体質です。「何を食べても太る」と大会近くなると、娘はやみくもに食事制限をしていますが、やせても一時です。代謝、筋力、柔軟性、持久力それらを良くする食材、メニューなど教えてください。

【回答】元NFLチアリーダー・松崎美奈子さん

質問ありがとうございます。私もそうでしたが、太りやすい体質は筋量を増やすことで、ある程度改善されると思います。食事制限での減量は即効性があるのですが、パフォーマンスをするための筋量を減らしてしまいますし、リバウンド(体脂肪が増える)からケガのリスクが高まりますし、体への負担もあり、継続することが難しいと思います。そこで「筋量を増やして、代謝アップにつなげる」ために、筋肉の材料となる以下のタンパク質メニューを毎日摂取されることをおすすめします。

①肉メニュー(脂身・揚げ物は控えめに)
②魚メニュー(青魚、サケ、白身魚など)
③卵(ゆで卵、目玉焼きなど)
④大豆製品(納豆、豆腐など)
⑤乳製品(低脂肪牛乳、低脂肪ヨーグルト、ギリシャヨーグルトなど)

特に朝食でタンパク質を含むメニューを心がけると筋量アップや代謝アップに役立ちます。それによって、キックの足も高く上がったり、ターンもきれいに回れたり、ジャンプも高く跳べるようになります。体の軸もぶれなくなり、ダンスにキレも出てくると思います。柔軟性や持久力は食事以外の部分でストレッチを継続したり、有酸素運動を取り入れることをおすすめします。CHEER FOR YOU!

ハッピーモーニングスクランブル