今回はアメリカのチアリーダーたちがよく練習前に食べている、簡単でおいしいヘルシースナックを紹介します。「リンゴ&ピーナツバター」です。

リンゴのポリフェノールで元気パワー

 色鮮やかなフルーツは見ているだけでも気分がワクワクしますね。フルーツの中でもリンゴには元気パワーの源、抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。皮に多く含まれているので、皮ごと食べるのがオススメです。

アメリカのチアリーダーたちがおやつ代わりに食べている「リンゴ&ピーナツバター」

 ポリフェノールは、運動時に発生する疲れ物質を素早く取り除いてくれ、免疫力も同時にアップしてくれるので、気温や湿度の変化など、さまざまな環境ストレスにも対応してくれます。さらに、リンゴに代表されるようにフレッシュなフルーツは消化吸収にも優れているため、運動前のエネルギー補給に最適です。

良質な脂質を含み栄養価高いピーナツバター

 ピーナツバターは良質な脂質を豊富に含み、筋トレ時に必要なホルモンの材料になります。また、少量で高カロリーなので、やせてしまいがちなアスリートにとっては、体重減少対策になります。減量中の選手はカロリーオーバーに注意しながら、1回大さじ1~2杯程度に調整すると良いでしょう。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランス良く含み、成長や身体作りをしっかりとサポートしてくれます。

 アメリカのチアリーダーたちはリンゴやバナナにつけて、おやつ代わりに食べていましたが、朝ご飯として、バターやマーガリンの代わりにパンに塗って食べたり、ハム、チーズ、レタスなどを挟んでサンドイッチにしたりして、練習前後の補食として持ち歩いても良いでしょう。

 日本ではあまり見慣れないリンゴとピーナツバターのコンビネーション。意外に甘すぎず、味もしつこくなく食べることができますよ。アーモンドバターなど、ほかにも色々なナッツバターがあるので、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

 いよいよ来週29日、新潟開催の「キッズ・ジュニアチアリーダーズのための食育講座」にて、皆さまにお会いできることを心より楽しみにしています!

 Happy Tuesday!

元NFLチアリーダー・松崎美奈子