2020年は新型コロナウイルスに世界中が揺れた1年でした。感染拡大防止対策が叫ばれ始めた当初は日本でもマスクや消毒液などの品切れが続いたほか、ネット上のデマによりトイレットペーパー等の買い占めや転売行為なども問題となりましたが、そのほかにも今年はコロナ禍の影響などにより、売れた商品の種類に大きな変化があったようです。

全国約4000店舗から収集している小売店販売データをもとに、市場調査会社のインテージが「2020年、今年売れたものランキング」を発表しました。

発表されたランキングによると、今年最も売れたのは「マスク」で昨年比425%。次いで「殺菌消毒剤」が302%、「体温計」が249%と、感染拡大を防ぐための衛生用品の販売が大幅に増加し、ランキングの上位を占めていることがわかりました。

インテージ調べ

なかでも2位の「殺菌消毒剤」のうち、傷口の消毒などを除いて手指消毒剤に限定すると、なんと昨年比910%も増加という驚きの結果になりました。もはや街中のお店で見かけない場所はないほど必需品となった手指消毒剤ですが、今年は大きな市場を獲得することになりました。

また、ホットケーキやクッキーなどの材料となる「プレミックス」(10位)や「ホイップクリーム」(12位)「エッセンス類」(15位)「はちみつ」(18位)などは、外出自粛期間中に家でスイーツづくりをする流れをうけたもので、年間でも売り上げが伸びていることを考えると、一定数根付いたように見えます。

異色だったのは153%で6位の「玩具メーカー菓子」でした。これは今年大ヒットした人気漫画・アニメ「鬼滅の刃」関連商品が原動力となり、大幅に販売が増えたようです。なお、昨年のランキング1位が「デザートドリンク」で131%だったことを踏まえると、今年はいかに売れたものが激変したかがわかります。

さらに、30位までには「冷凍水産」や「スパゲッティー」「袋インスタント麺」など食品関連が多数ランクイン。コロナ禍で外出や外食の機会が減ったことの影響もうかがえる結果となりました。

インテージ調べ