日本ランニング協会は12日、「ランニング食学検定」を開始すると発表した。より安全に継続的にランニングを楽しむための「食」に関する検定で、アンバサダーには、男子マラソン日本記録保持者・大迫傑(29=ナイキ)の妻あゆみさん(31)が就任した。

マラソン大迫傑の妻でアスリートフードマイスターのあゆみさん(2019年9月28日撮影)

同検定では栄養素の基礎知識のほか、食事や栄養素の組み合わせ方、摂り方など、普段の生活からレースを見据えた食事まで、幅広知識を学ぶことができる。ランニングに重点を置いた食の検定は初という。

アスリートフードマイスターなどの資格も持つあゆみさんは「ランナーにとって、バランスの良い栄養を摂ることが強い体を作るスタートラインです。ランニングの質を高めるヒントは毎日の食事にあると思います。練習はもちろん、食事や休息もバランスが大切。大迫家では『いつもの食事』に、ほんの少し知識をプラスして健康的に活動できる体を維持できるように心がけています。皆さんも少しだけ『食』に意識を向けて、ランニングをより安全に継続して楽しんでみてはいかがでしょうか」とコメントした。「ランニング食学検定」のホームページから応募できる。

(2020年10月12日、ニッカンスポーツ・コム掲載)