いよいよ10月1日から施行される消費税の増税以降、食品は軽減税率の適用により8%据え置きになる一方、外食の場合は10%の税率がかかります。増税に伴い「食事」に対する意識がどう変化するのか、タイガー魔法瓶が調査を実施しました。

同調査は、全国の20~40代の女性300人を対象に行われました。

増税で見直したい支出ランキングでは、約半数が「食費」と回答しトップとなりました。続いて2位は「日用雑貨費」、3位は「趣味・娯楽費」でした。

タイガー魔法瓶調べ

外食については、約8割の人が「頻度を減らしたい」と考えているようですが、一方で、増税により節約が必要になっても「暮らしの質を落としたくない」または「あげていきたい」と回答した人が約8割いることもわかりました。

タイガー魔法瓶調べ

外食の頻度を減らすことにより、必然的に家での食事が増えますが、9割以上の人が「家でもおいしい料理を食べたい」と答えています。

タイガー魔法瓶調べ

家計をやりくりするお母さん世代にとっては、ますます節約、時短、簡単レシピが必要になってきそうですね。