今年のゴールデンウィークは10連休になるといわれていますが、家事や育児に忙しいママたちにとって、旅行や帰省などの予定が増えがちな長期休暇を喜べない人も多いのでは? 地域型美容情報ポータルサイト「東京ビューティー」が行った調査では、今年のゴールデンウィークは「自宅で過ごす」人が大多数で、遊びに行くよりも、ゆっくり休みたいという人が多いことがわかりました。

東京ビューティー調べ

調査対象となった10~80代の男女185人(女性146人、男性39人)のうち、今年のゴールデンウィークは「自宅で過ごす」と回答したのは160人。2位は「近場に外出する」(56人)で、遠出せずにゆっくり過ごしたい人が多いことがうかがえます。

ゴールデンウィークで楽しみにしていることは、1位が「ゆっくり休める」(89人)で、2位「遊びに行ける」(70人)を上回っています。以下は「家族団らん」「趣味の時間がとれる」「普段会わない人に会える」と続きました。

東京ビューティー調べ

<関連コラム>