<栄養素を無駄なく摂る食べ方:野菜編>

アスパラガスは、オーストラリアなどからの輸入もあり1年を通して購入できますが、国産は春から初夏が旬。太いものは味がよいと言われます。茎につやがあり、穂先がしまって切り口がきれいなものを選びましょう。

主な栄養素
緑色と白色がありますが、栄養成分が多いのは緑色のほう。抗酸化作用のあるビタミンA、貧血予防に大切な葉酸、骨の健康に欠かせないビタミンKなどがバランスよく含まれています。アスパラギン酸というアミノ酸が疲労回復の助けとなります。また穂先に多く含まれるルチンは血行を促進し、かつ血管を丈夫にするという効能があります。

保存するなら
成長が早いアスパラガスは、それだけ劣化も早くなります。なるべく早く食べるのが1番ですが、どうしても保存する場合は湿らせたペーパータオルで包み、さらにラップで包んで冷蔵庫内に立てて保存しましょう。

栄養素を無駄なく摂るコツ
水溶性のビタミンはゆでたり煮たりすると煮汁に流出します。「焼き浸し」や「みそ汁」など汁ごと食べる料理にすると無駄がありません。また、脂溶性のビタミンA、Kは油と一緒に摂ると吸収率がアップ。生から油で炒め、少量の水を入れて火を通す「蒸らし炒め」がおすすめです。