<ママ特派員・サポーターから>

今年は梅雨明けと同時に猛暑となり、8月は熱中症になりやすい環境での練習や試合が多かったのではないかと思います。9月も引き続き、熱中症への警戒は必要です。

熱中症の予防には、水分と塩分の他にカリウムも必要だと言われています。汗をかくとナトリウムやカリウムが排出されます。カリウムが欠乏すると細胞内が脱水症状を引き起こし、熱中症になった時の回復に影響を与えるそうです。暑い時期は、カリウムを食事などから摂ることが熱中症予防に役立ちます。

そこで今回は、カリウムを比較的多く含むジャガイモとインゲンを使ったカレー炒めを紹介します。カレーに含まれるスパイスが食欲や代謝をアップさせてくれるので、お弁当のおかずにもおすすめです。

お弁当にも

次のページレシピはコチラ