<ママ特派員・サポーターから>

ダイエット方法の一つに、糖質オフダイエットがあります。一般的に、炭水化物であるご飯や麺類、パンなどを控える食生活のことを言います。

今の日本人は食べ過ぎの傾向にあるので、普通に生活している方にとってはそれほど悪いことではないかもしれません。しかし、日々ハードなトレーニングをこなし、筋肉を維持する必要があるアスリートは、炭水化物を極端に制限することにはリスクが伴うと私は考えています。

炭水化物を減らしすぎることによるリスクは以下の通りです。

①エネルギー源の不足により、スタミナ不足になる
トレーニングや試合の時、最後まで体力がもたなくなります。集中力も落ちてしまうので、思わぬケガにもつながります。

②必要な糖質が不足すると、筋肉を壊して糖質不足を補う
食事での糖質摂取が十分でない場合、動くためのエネルギーを筋肉に貯めてあった糖質で補うことになります。その際にせっかく鍛えた筋肉が破壊されてしまい、筋肉が落ちる原因のひとつになります。

③体内での代謝を促すには、糖質が必須
食べた栄養素を体内でエネルギーに変換(代謝)するためには、糖質を使った代謝がスタート地点。糖質代謝が行われないと、タンパク質や脂質をエネルギーに換えることができません。

このようにとても重要な栄養素である炭水化物ですが、夫のように体重コントロールが難しくなってきているシニアアスリートや、体重を増やしたくないと考える審美系スポーツのアスリート、年頃の女性アスリートなどでは、炭水化物を食べさせるのが大変という保護者や指導者も多いのではないでしょうか。

そんな時にはご飯、パン、麺類ではなく、糖質を多く含む食材を使ってみるのはいかがでしょうか。わかりやすい炭水化物ではない分警戒心を持たれにくく、食べてもらいやすいのではないかと思います。

糖質を多く含むジャガイモで作った肉ジャガに、ジャガイモデンプンを原料とするマロニーをプラスして、より効率的に糖質を摂れるようにした「スタミナ肉ジャガ」を紹介します。

使う肉は豚肉に。糖質をエネルギーに換えるのに不可欠なビタミンB1が豊富なので、一緒に食べることで代謝を助けてくれますよ。

次のページレシピはコチラ