<ママ特派員・サポーターから>

3月から4月の初旬までは「三寒四温」と言われ、急に暖かくなったり、寒くなったりします。そんな寒暖差が激しい時期は、体調を崩しやすいですね。

我が家では、風邪やインフルエンザが流行する11月頃から、お風呂にショウガを入れています。ショウガをすり下ろし、お茶やだし用の不織布袋に入れて湯船に浮かべるだけ。干したり、刻んだものでもOKですが、いろいろ試した結果、おろした国産ショウガが一番体が温まりました。重曹とクエン酸を入れるとさらに温まります。

我が家は家族がショウガに慣れたので、1個分をすりおろして入れています。左側のコップには、重曹約1合とクエン酸小さじ2ほどが入っています

1回のショウガの量は、親指大くらいから始めるとよいと思います。湯船の中でモミモミすると、ショウガエキスがお湯に溶け込み、体がポカポカしてきます。

肌がピリピリしないようなら、ショウガの量を増やして大丈夫です。

【ママ特派員=千葉県在住・小垣美津子】