<ママ特派員・サポーターから>

アスレシピサポーターのMiwaさんからのレポートです。

朝食や補食に便利な塩味のケーキ

暖かくなってきて、スーパーには春野菜がたくさん並ぶようになってきました。旬のものは栄養価が高く、しかもお手頃価格で手に入れることが出来るので、使わない手はありません。

今回は、旬の菜の花と新タマネギを、風味豊かな桜エビと合わせたケーク・サレを紹介します。

ケーク・サレとは、塩味の、甘くないパウンドケーキのこと。野菜や魚介類、肉類、チーズなどを入れて焼き上げるので、タンパク質やビタミン類などさまざまな栄養素が摂れます。朝ごはんに補食にと、覚えておくと便利です。

菜の花にはビタミンCが豊富で、抗酸化作用や美肌効果が期待できます。さらに葉酸で貧血予防、カリウムでむくみの解消など、女性にはうれしい効果がたくさん。彩りのために赤パプリカも入れました。

新タマネギの甘みと桜エビの香ばしいうま味がチーズとよく合い、しかもカルシウムがたっぷり摂れるので、成長期のお子さまにもおすすめの1品です。

具材は好みのものでOK。そのときに必要な栄養素が摂れる食材を入れたり、アクセントに黒コショウを入れたりと、アレンジを楽しんでくださいね。

具材の水けをしっかりと切ることと、魚介類、肉類、ハムやウィンナーなど、だしになるメインの食材を入れることを心がけると、おいしく焼き上がります。

<桜エビと菜の花のケーク・サレ>
材料(パウンド型1台分)
薄力粉…100g
ベーキングパウダー…小さじ1

卵液
牛乳…100ml
オリーブ油…50ml
卵…Mサイズ2個
パルメザンチーズ…50g

具材
新タマネギ…1/4個(約40~50g)
菜の花…40g
赤パプリカ…20g
桜エビ…15g

作り方
❶パウンドケーキの型にクッキングシートを敷く。オーブンを180℃に予熱する。
❷薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、大さじ1を取り分けておく。
❸新タマネギ、赤パプリカは1cm角に刻む。
❹菜の花は水洗いしてラップで包み、電子レンジ100wで1分加熱し、冷水に入れて色止めをし、しっかり水けをきる。
❺ボウルに、卵液の材料を入れてよく混ぜ、さらに薄力粉とベーキングパウダーを加えて、切るように混ぜる。
❻具材に取り分けた粉をまぶし※、⑤に混ぜこむ。
❼型に流しいれ、2、3回落として空気を抜く。
❽180℃で10分焼き、いったん取り出して濡らしたナイフで真ん中にクープ(切れ目)を入れる。
❾オーブンを170℃に設定し、25分~30分焼く。竹串を刺して、生地がついてこなければ完成。

※具材に粉をまぶしておくと、焼いているときに具材が沈まず、きれいに焼き上がります。