<ママ特派員・サポーターから>

 ママ特派員の加山香織さんは、スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー2級の資格を持ち、サッカーを頑張る息子さん、意外に体力を使う合唱部の娘さんをサポートしています。母親としてできる最大のサポートは食事作りと考え、コンディションや季節に応じたメニューを考えているそうです。

栄養素がたっぷりの冷たいおやつ

 最近、ぐっと気温が上がってきました。暑くなると冷たいもの、アイスやジュースなどが欲しくなりますが、スポーツを頑張る子どもたちには補食でも栄養素を補給してほしいと思っています。そこで、栄養素がたっぷりで簡単に作れる、暑い季節にぴったりのスイーツを紹介します。

 それは「そばゼリー」です。

 生そばをゆでた際のそば湯には、たくさんの栄養素が含まれています。特に、米や小麦には含まれない「ルチン」には、抗酸化作用があるためスポーツ後におすすめです。そのほか、ビタミンB1、B2、食物繊維、タンパク質など、水溶性の栄養素がふんだんに溶け込んでいます。

 そば湯につゆを加えて飲む方は多いと思いますが、我が家では思い切って目先を変え、甘いゼリーにしてみました。子どもたちは「そば湯とは思えない! すごくおいしい!」と言って、おかわりしてくれました。

 栄養満点のそば湯、ぜひ捨てずに試してみてください。

<そばゼリー>
調理時間:5分(冷やし固める時間を除く)
材料:4~5人分
そば湯(上澄み)…250~300ml
粉寒天…4g
黒糖…15~20g
きな粉、黒蜜、あんなど…各適量

作り方
①寒天を表示通りの量の湯に溶かす。
②①にそば湯と黒糖を加え、ゆっくりかき混ぜる。
③粗熱が取れたら容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。食べやすく切って器に盛り、好みできな粉や黒蜜、あんなどを添える。

プラスチック容器で固めると扱いやすい

※そば湯の量は、できあがりの固さの好みで調整してください。

※だし汁で味を調え、カットした夏野菜を加えてゼリー寄せのようにしても、涼しげでおいしい一品になります。

【ママ特派員・東京都在住・加山香織】