<ママ特派員・サポーターから>

 いよいよ娘が4月から高校生になります。どれだけ食べてもすぐにお腹がすく年頃のようで、食べる量が増えたなと感じます。

 5歳から習っているクラシックバレエを、高校に進学してからも続けるかどうか、親子で何度も話し合いました。体重管理など苦労も多いのですが、踊ることが大好きな娘です。勉強との両立を目指し、続けると決めました。応援したいと思います。

 さて、新ジャガイモのおいしい季節です。ジャガイモは食べごたえがあるので、すぐお腹がすく娘でも満足感があるようです。皮のすぐ下にうま味が詰まっているそうなので、しっかりと洗って皮はほとんどむかずに使用しました。しょうゆベースでご飯に合う、ほっとする味です。ぜひお試しください。

<鶏肉とジャガイモの照り煮>
調理時間:35分
材料:3~4人分
新ジャガイモまたはジャガイモ…6個(600g)
鶏手羽中…300g
片栗粉…大さじ1
ゴマ油…大さじ1

水…200ml
干しシイタケ…6枚(15g)
干しシイタケの戻し汁…40ml
細ネギ…20g

酒…200ml
みりん…大さじ3
砂糖…大さじ3
はちみつ…小さじ1
しょうゆ…大さじ3

作り方
①新ジャガイモは皮をよく洗い、芽が出ているところはしっかりとえぐり取る。皮をつけたまま、半分もしくは1/4にカットし、水につける。
②干しシイタケはさっと洗ってから湯につけ、やわらかくなったら軽く水けを絞る。大きければ半分に切る。戻し汁はだしとして使うので取り置く。鶏手羽中に片栗粉をまぶす。細ネギは2~3㎝長さに切る。
③鍋にゴマ油を熱し、手羽中の皮側を下にして入れ、中火で2分焼く。裏返し、さらに2分焼く(焦げ目をしっかりつけた方がおいしい)。
④③の鍋にジャガイモを水をきって加え、中火で約4分ゆっくり炒める。干しシイタケと水、シイタケの戻し汁を加え、ふたをして弱火で8分煮る。 ⑤細ネギと調味料を加え、さらに10分ほど煮る。火を止めて5分おく。

【ママ特派員・神奈川県在住・中堀まち子】