<ママ特派員・サポーターから>

 最近反抗期の娘ですが、料理には興味があるようで、一緒にキッチンに立つと会話が弾みます。今回は盛り付けと写真撮影を娘が担当してくれました。

 食物繊維が豊富で、美容と便秘に効果的なゴボウを使ったレシピを紹介します。ゴボウには、カリウムとイヌリンという成分が含まれており、イヌリンは血糖値上昇や肥満の防止に効果があるようです。

 このナゲットをお弁当に入れたらとても喜んでくれました。一緒に作ると、おいしさも倍増するようです。

 ゴボウが残ったら大きめに切り、電子レンジで少し火を通してから片栗粉をまぶして揚げます。揚げたてに七味唐辛子と塩をふると、こちらも止まらないおいしさです。

<ゴボウ入りチキンナゲット>
調理時間:20分
材料:2~3人分
ゴボウ…50g
鶏ひき肉(ささみ)…200g
鶏ひき肉(むね)…100g
細ネギ…20g
塩、コショウ…各少々
ゴマ油…小さじ1
ゴマ(好みで)…少々
片栗粉…大さじ1/2
揚げ油…適量

作り方
①ゴボウはささがきにし、5分ほど酢水にさらす。キッチンペーパーで水分をとる。
②細ネギは細かく刻む。
③ボウルに鶏ひき肉、ゴボウ、細ネギを入れ、塩、コショウをふって練る。ゴマ油と好みでゴマを加え、片栗粉を加え混ぜる。
④フライパンに揚げ油を熱し、170℃くらいになったら③を食べやすい大きさに丸めて入れる。4~5分ほど、火が通るまで揚げる。

※ナゲットの大きさによって、揚げ時間は調整してください。

中堀まち子(神奈川県相模原市在住)

栄養士、フードコーディネーター、薬膳アドバイザーのほか、アロマテラピー、ハーブコーディネーターなど資格多数。
保育園で栄養士として勤務した後、市の非常勤栄養士として食育指導、栄養指導の経験も豊富。現在は地域支援センターにて栄養相談を行う。
5歳から続けるクラシックバレエとバトントワラーズ部に所属する中学3年生女子のママ。