<ママ特派員・サポーターから>

 肉があまり得意ではない私ですが、夫も子どもも大好きなため、いつの間にかレパートリーが増えていきました。今回紹介するのは、そんな私でもおいしく食べられた肉料理です。

 ある時、豚バラ肉をベーコンのようにカリカリに焼き、脂をしっかり取り除いたらおいしく食べられるかもと試したところ、予想は大当たり。油をひかずに肉を焼き、出てきた脂はほかの具材と合わせる前にふき取ります。

 寒い時期においしくなる大根は、時間短縮のために薄めのいちょう切りにしました。米のとぎ汁で下ゆですると、あくが抜けて味がしみ込みやすくなります。

 豚肉はいつも国産を使いますが、イベリコ豚を使ったところ甘みがあっておいしくいただけました。ご飯が進むおかずで心と体を温めて、寒さを吹き飛ばしてくださいね。

<大根と豚バラの甘辛煮>
調理時間:30分
材料:2~3人分
大根…1/2本(300g)
豚バラ肉(薄切り)…300g
細ネギ…20g
干しシイタケ…3枚
水…100ml
酒…大さじ1
砂糖…小さじ1/2
みりん…大さじ1
昆布つゆ…大さじ2
七味トウガラシ…適量
米のとぎ汁…適量※
※米のとぎ汁がない場合は、米大さじ1で代用可。

作り方
①大根は1センチほどの厚さのいちょう切りにする。
②鍋に米のとぎ汁を入れ、①の大根を入れて火にかける。沸騰後10分ほど下ゆでする(米のとぎ汁がない場合は、米大さじ1を入れた水で下ゆでする)。
③細ネギは2センチ幅にカットする。干しシイタケは湯に浸けるか、耐熱容器に入れてひたひたに水を加え、600Wの電子レンジで2分半加熱して戻す。やわらかくなったら絞り、半分に切る(シイタケの戻し汁は煮物などに使うとおいしい)。
④豚バラ肉は5センチ幅にカットする。
⑤フライパンに④を入れ、中火で両面にしっかり焦げ目がつくまで焼く。いったん取り出し、フライパンに出た余分な脂をふき取って戻し入れる。
⑥②の大根をざるに上げ、さっと洗う。
⑦⑤のフライパンに大根と干しシイタケを加え、分量の水と調味料を加えて中火で15分ほど、ふたをして煮る。最後にネギを加えてさっと混ぜ、器に盛って好みで七味トウガラシをふる。

中堀まち子(神奈川県相模原市在住)

栄養士、フードコーディネーター、薬膳アドバイザーのほか、アロマテラピー、ハーブコーディネーターなど資格多数。
保育園で栄養士として勤務した後、市の非常勤栄養士として食育指導、栄養指導の経験も豊富。現在は地域支援センターにて栄養相談を行う。
5歳から続けるクラシックバレエとバトントワラーズ部に所属する中学3年生女子のママ。