<ママ特派員・サポーターから>

 冬になるとおいしくなるサトイモ。独特なぬめり成分は免疫力を高め、むくみを防いでくれるカリウムも多く含んでいます。

 煮物ばかりでは子どもは飽きてしまうので、我が家ではから揚げにリメイクしています。煮物よりもお弁当には使いやすく、家族からも好評でした。

 また、てんさい糖は体を冷えにくくするので、煮物など色を気にしなくても大丈夫な料理に使っています。なければ砂糖でも代用可です。

<サトイモのから揚げ>
材料:4人分
サトイモ…12~16個
だし汁…400ml
酒…大さじ4
てんさい糖…大さじ3
みりん…大さじ3
しょうゆ…大さじ3
片栗粉、揚げ油…各適量

作り方
①サトイモは水洗いして皮をむき、食べやすい大きさに切る。
②鍋にだし汁、酒、てんさい糖、みりん、しょうゆを入れて火にかけ、煮たったらサトイモを加える。軽く煮たつ状態に火加減し、落としぶたをしてやわらかくなるまで煮る。

煮てから一度冷ますと、味がしっかりしみ込みます

③サトイモが冷えていたら室温に戻し、片栗粉をまぶしてきつね色になるまで揚げる。

※ぬめり成分を残したいので、下ゆではしません。

伊藤恵美(埼玉県新座市在住)

栄養士。
食品会社の栄養士として勤務。同時に中学生女子硬式野球クラブチームの栄養士として、ユース選手の食事を栄養面でサポート中。
ソフトボールの経験がある大学1年生の長女、女子硬式野球部に所属する高校2年生の次女、リトルリーグ硬式野球部に所属する中学1年生の長男のママ。