寒い冬、練習から帰ってきた子どもたちには、心身ともに温まるゴマ豆乳豚汁がおすすめです。だし汁に豆乳と練りゴマを加えることで、アスリートに不足しがちなカルシウムや鉄を補給できます。

 具材は、冷蔵庫にあるものでOK。豚肉でタンパク質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、ニンジンで免疫力アップのβカロテン、サツマイモで熱に強いビタミンCなど、摂ってほしい栄養素の食材をなんでも入れます。

 ゴマのコクと豆乳のまろやかさがマッチした優しい味わいで、子どもからも好評です。ぜひお試しください。

<ゴマ豆乳豚汁>
調理時間:30分
材料:4人分
練りゴマ…20g
豆乳…200ml
塩…少々
豚肉(薄切り)…80g
タマネギ…約1/2個
ニンジン…3cm
サツマイモ…4cm
油揚げ…1/4枚
シメジ…1/2パック
細ネギ(小口切り)…適量

<A>
だし汁(かつお、昆布)…400ml
酒…20ml
薄口しょうゆ…25ml
砂糖…小さじ1/2

作り方
①具材はそれぞれ食べやすく切る。
②鍋にAを入れ、タマネギ、ニンジン、サツマイモ、シメジ、油揚げを煮る。
③②の野菜に火が通ったら豚肉を入れ、あくを取る。
④練りゴマを豆乳100mlで溶き、③に加え、残りの豆乳も加える。
⑤味をみて塩で調え、沸騰直前で火を止める。器に盛り、細ネギを散らす。

高槻吉美(大阪市在住)

料理家、フードコンサルタント。アスリートフードマイスター1級、フードアナリスト、上級食育アドバイザーの資格をもつ。
老舗割烹で和食修行、ル・コルドン・ブルーのフランス料理ディプロム取得。女子プロゴルファーの栄養指導も行う。
野球を頑張る小学6年生男子の母。