暑い夏には、キッチンでの調理時間もできるだけ短く済ませたいもの。加熱は電子レンジにおまかせの「ラタトゥイユ」レシピを、アスレシピモニターのちえみさん(東京都)に教えていただきました。

調理はワンボウル、洗い物も少なくうれしい

 じっくり煮込んだラタトゥイユも美味ですが、ある時レンジで作ってみたら思いのほかおいしくできあがり、それ以来気に入って、夏には何度もリピートしています。

 材料はナス、ズッキーニ、ピーマンなど、その時家にある夏野菜ならなんでもOK。長イモやカボチャ、タマネギなどもおすすめです。トマトは必須で、半分に切って加えれば、トマトから出る水分で全体がまとまります。

 今日は家庭菜園でとれたナスとミニトマトを使いました。温かいままでも冷たくしてもおいしく、パスタやパンにはもちろん、ご飯にかけてもさっぱりいただけます。

 

<レンジで作るラタトゥイユ>
調理時間:15分
材料:作りやすい分量
鶏もも肉…100g
下味の塩、コショウ…各少々
ナス…1本
ズッキーニ…1/2~1本
ピーマンまたはパプリカ…1/2~1個
ニンニク…1/2片
トマト…200g
オリーブ油…大さじ1
塩…小さじ1/2

作り方
①ナス、ズッキーニ、ピーマンはひと口大に切り、ニンニクはつぶしてすべて耐熱ボウルに入れる。
②鶏肉もひと口大に切り、下味の塩コショウをもみ込んで①に加える。
③オリーブ油を回し入れ、塩をふって全体をざっと混ぜる。
④トマトは横半分に切り、野菜と肉の上に切り口を下にして乗せ、ラップをして500Wの電子レンジで7分加熱する。鶏肉や野菜の火の通り具合をみて、足りない場合は様子をみながらさらに加熱する。
⑤トマトの皮を取り除き、全体を混ぜてなじませる。