ママ特派員の原田とも恵さん(京都府木津川市)が、簡単に作れる甘酒を使ったスムージーを紹介します。
========

 我が家では、家族で行っている朝のトレーニングの後に、「甘酒スムージー」を飲んでいます。

リンゴ、ミカン、ニンジンが入った甘酒スムージー

 米と米麹のみで作られている砂糖不使用の甘酒は、“飲む点滴”と言われるくらい栄養豊富で、スポーツ選手やジュニアアスリートには特におすすめです。

 その理由は以下の通り。

すぐエネルギーになるブドウ糖が含まれている
疲労回復や持久力アップも期待でき、タンパク質、糖質、脂質の代謝に必要なビタミンB群が豊富
体内では作られず食物から取り入れる必要のある天然のアミノ酸が豊富に摂取できる

 フルーツは家にあるものを使えます。キウイ、小松菜、ホウレン草などはフルーツと一緒にすると青臭さがなく、飲みやすかったです。

小松菜、ホウレン草の青臭さが消え、飲みやすくなります

 また甘酒特有の甘みがあるので、柑橘類のフルーツをいれると甘酸っぱくなり美味しく飲めます。

 フルーツからビタミンC、野菜からはビタミンA・C・Eも摂れるので、風邪予防の効果や、体の酸化を防ぐ効果も期待できます。

 簡単に作れるので、トレーニング前や後にいかがでしょうか。

<甘酒スムージー>
調理時間:5分
材料(4人分)
リンゴ…1個
ミカン…2個
ニンジン…1/3本
甘酒…100~150ml(お好みで調整してください)

作り方
①リンゴ、ミカン、ニンジンは乱切りする(お好みのフルーツでも)
②ジューサーに甘酒、①を入れてまぜる。

原田とも恵(京都府木津川市)

スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー、一般社団法人ガットフットサルスクール理事。
関西圏スポーツチームへのセミナー、栄養コーチングなど活動、現役Fリーガーの栄養コンサルティングも。
サッカー、フットサルを頑張る3兄弟(小学6年、3年、1年)の母。