毎日の食事作りで、少しでも楽をしたいときがありますよね。便利な食材をフル活用し、手抜きのできる部分は手抜きしましょう。

冷凍して準備

万能ネギ、ワケギなどは一度にまとめて刻んで冷凍しておくと、みそ汁の具や冷や奴、うどんなどのトッピングに便利です。
ちくわ、さつま揚げなどの練り製品は冷凍保存できるので、刻んで冷凍しておくと炒めものに加えたり、みそ汁の具として利用できます。

あると便利な食材

もろみみそなど、市販のおかず用みそを常備。温野菜に添えたり、あえ物に活用したり、ご飯のお供にもなります。
サケフレーク、シラス、桜エビなどがあると、お茶漬けやおにぎりの具としても使えます。
サバみそやサンマのかば焼きなど、味付きの魚の缶詰は、ゆで野菜とあえる、サラダにトッピング、パンにはさんで和風サンドイッチにすることもできます。

缶詰を使った「サンマのかば焼き炊き込みご飯」

今回は缶詰を使った「サンマのかば焼き炊き込みご飯」を紹介します。生のサンマのおいしい時期ですが、缶詰は下処理不要なので、忙しいときでも簡単に作れますし、味もついているので、細かな調整もいりません。おにぎりにしても、おいしく食べられます。

魚の缶詰は骨まで入っているため、カルシウムなど、栄養価がむしろ高くなるものもあります。忙しい毎日、手抜きを恐れず、賢く調理できるといいですね。

管理栄養士・田澤梓