前回のコラム「寒い時期の脱水に注意!食事から水分補給をしよう」で、冬の水分補給の重要性についてお話ししましたが、寒い時期に冷たい飲み物を飲む気にはなれないですよね。

 中高生の選手と話をすると、彼らに、温かい飲み物を飲む習慣がないと感じることがよくあります。「飲み物=ペットボトルドリンク」となっており、日本茶や麦茶は買うものになっているのですね。

保温水筒とティーバッグ活用

 そんな選手には、自分のお気に入りの“マイ保温水筒”と好きなお茶のティーバッグを準備して、飲み物を自分で入れるよう提案しています。おすすめの保温水筒はステンレス製が保温力も高く、500ml以上の容量があるもの。日中飲みきったら、ペットボトルのお茶を補充することもできます。

 湯を沸かして自分でお茶を入れると、緑茶やほうじ茶、紅茶の味と香りが全然違うことに気付くのではないでしょうか。そうすると、お茶を飲むことが小さな「楽しみ」になり、寒い時も水分補給がスムーズになります。

 アスリートにとって、水分補給はパフォーマンスを維持するために重要ですが、「水分補給をしなくては!」と意識するより、自然にお茶を飲みたいな、と思えるようになるといいですね。

皮の代わりに片栗粉をまぶした野菜たっぷり皮なしシュウマイ」

 本日のメニューは中高生のラグビー選手におすすめの「野菜たっぷり皮なしシュウマイ」です。見た目鮮やかで、豚肉、エビ、ウズラの卵からタンパク質がしっかりとれ、たっぷりの野菜と食べる主菜と副菜を兼ねた1品です。

 シュウマイの皮は使わず、代わりに片栗粉をまぶします。レンジで1人分ずつ調理するので、食事時間がバラバラでも、熱々で食べられます。ポン酢や辛子しょう油と一緒に食べてください。また、脂質が気になる方は、赤身の豚ひき肉を使いましょう。